スポンサードリンク

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • コメント : -
  • TB: -

関東での人気温泉

関東の人気温泉と言えば、まずは箱根温泉でしょう。
首都圏から約一時間少しで湯煙り情緒にひたれると
いうのは、なんとも魅力的です。

箱根温泉は、須雲川と早川という2つの川に沿って
たくさんの温泉宿があります。気になるお値段も一
泊8000円からと手頃です。もちろん日帰り入浴
もOKです。多くの旅館で提供している、温泉と昼食
をセットにしたプランも人気です。

箱根温泉といっても、箱根湯本温泉、仙石原温泉、
塔ノ沢温泉、小涌谷温泉、それに姥子温泉など、こ
のほかにも多くの温泉があります。温泉宿の近辺に
は、美術館やガラス工芸ミュージアムなどもたくさ
んあり、さまざまな観光施設を楽しむことも出来ま
す。また温泉が大好きな方は、温泉めぐりをするの
も楽しいですね。

関東には箱根温泉の他にも、名湯で有名な群馬県の
草津温泉があります。温泉の周りにたくさんのおみ
やげ物店があり、温泉だけでなくその周りの情緒を
楽しめます。

また、栃木県には雄大な渓谷の中にある鬼怒川温泉
があります。大自然に囲まれた温泉として人気があ
ります。疲労回復や神経病に良いと言われるこの温
泉は、都会のストレスを癒す温泉として人気があり
ます。

首都圏から少し足を延ばすと、新幹線で一時間圏内
に熱海温泉があります。熱海温泉には、高級温泉宿
が立ち並び、ちょっとゴージャスな温泉気分を味わ
えます。

長野の野沢温泉は、冬のスキー客で賑わい、温泉の
効能も豊かで、なんと13もの外湯が無料で楽しむ
ことができる温泉として知られています。
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • TB: -

田沢湖温泉は、東京から約3時間です

秋田県の田沢湖温泉は、東京からは約3時間。
東京から新幹線に乗ってJR田沢湖駅で下車して、
さらにバスで約30分で着きます。

田沢湖温泉の秋は木々の紅葉が見ごたえがありますし、
冬には、近くの田沢湖高原アッスルスキー場にくる
多くのスキーヤーから愛されています。夏は都会と
違ってとてもひんやり過ごしやすく、避暑には最適で
海とは違った良さがあります。

また、山間にある田沢湖温泉は、自然情緒が豊かな
ので、心身の疲れを癒してくれます。

田沢湖温泉にあるホテルは、豪華で大きななホテル
が多く、特に駒が岳観光ホテル、ハイランドホテル
山荘、プラザホテル山麓荘、ホテルタザワが有名です。

田沢温泉から見下ろすことができる田沢湖は、周囲が
約20キロ。深さでは日本一深い湖です。田沢湖には、
有名な辰子像があり観光スポットとなっています。

さらに、田沢湖の南には、抱き返り渓谷という渓谷
があります。ここは、渓谷が10キロも続いていて、
その景観は昔から多くの人々の人気を集めています。

駒ケ岳から広がる田沢湖温泉の泉質は、単純硫黄泉で
糖尿病、動脈硬化、リウマチ、高血圧に良いとされて
います。温泉のお湯の色は、乳白色のや透明なお湯が
あります。

また、田沢湖温泉には、ペンションや小さな温泉宿も
あります。宿の規模が小さくても安心してください。
温泉は完備されているので、ゆっくりと宿泊をして、
温泉を堪能できますよ。

小さなペンションや温泉宿は、地元の人と触れ合う
ことができ、気軽に打ち解けあうことができるので、
これも人気があります。
  • コメント : -
  • TB: -

乳頭温泉郷は田沢湖から3キロほどで

乳頭温泉郷は、東北の湖、田沢湖や田沢湖高原の
周りに位置します。「温泉郷」なので、あたり
前ですが、あちこちに温泉が点在しています。

田沢湖から3キロほどで乳頭温泉郷の最初の温泉
である、鶴の湯温泉に着きます。ここには、一軒
宿の本陣があり、かやぶき屋根の宿屋が大自然に
マッチしています。こんな大自然の中の温泉宿な
のですが、非常に人気が高く宿泊するにはだいぶ
前から予約が必要になります。日帰り入浴客も後
を絶ちません。

次にあるのは、休暇村田沢湖高原で、白い洋館の
建物ですが、公共の宿泊施設となっています。

次は、黒湯温泉で、木造のかやぶきの建物に旅館部
と湯治部があります。この湯治部の温泉にはぜひ
浸かりたいものです。

この黒湯温泉から、しばらく自然の中の道を歩くと、
孫六温泉です。孫六温泉は、人もまばらで落ち着い
た温泉です。

この他、乳頭温泉郷には、妙乃湯温泉があります。
日帰り入浴が人気ですが、宿泊ももちろんできます。

妙乃湯温泉の隣には、大釜温泉。まるで木のニスの
香りが漂って来そうな木造の温泉です。

大釜温泉からさらに行くと、蟹湯温泉があります。
蟹湯温泉という名前は、沢蟹がここにたくさんいた
ことから名づけられたそうです。

東北旅行の乳頭温泉郷は、温泉めぐりの好きな人に
とっては、お気に入りの温泉を見つけることができる
と思いますし、大変満足の行く温泉めぐりになる
でしょう。

乳頭温泉郷は、温泉マニアには欠かせない温泉であり、
できればすべて入浴したくなような温泉郷です。お湯
だけでなく建物とその周りの景色も一緒に楽しみたい
ものですね。
  • コメント : -
  • TB: -

東北での人気温泉はここだ!

東北で人気の温泉と言えば、乳頭温泉郷や田沢湖温泉
です。これらの温泉は乳白色のお湯で有名で、泉質は、
糖尿病、慢性皮膚病、高血圧症、動脈硬化症などの
効能を持っています。

実はお湯の色は、乳白色だけでなく、透明なお湯や
緑色がかった色のお湯などがあり、様々な種類の温泉
に浸かれることも楽しみの一つですね。

温泉といえば、慢性皮膚病の効能があるものが多いの
ですが、特に皮膚病に効くのが、山形の蔵王温泉です。
この温泉は強い酸性の硫黄泉で、子供が丈夫に育つ湯
とか、難病治療の湯と言われています。

また、宮城県の秋保温泉は、仙台の奥座敷と言われて
おり、1500年ほどの歴史を持つ日本三御湯の一つ
として有名です。

青森には十和田湖温泉郷があります。十和田湖と言えば、
東北を旅行する人なら必ずと言っていいほど立ち寄る
スポットで、ボートや遊覧船なども楽しむことができます。
十和田湖温泉郷は、こうした観光地にあるので、一年を
通じて観光客で賑わっています。この泉質は、皮膚病で、
やけどや切り傷にも良いとされています。

宮城県の鳴子温泉も人気が高く、源泉数が370個も
あるというが特徴です。東北の人気温泉では、秋には
紅葉を楽しみ、冬にはスキーを楽しむ客でいっぱいです。

東北の偉人、高村光太郎や宮沢賢治が愛した温泉は、
岩手県の花巻温泉です。花巻温泉に浸かりながら、
昔の偉人をしのんでみてはいかがでしょう。

山形県には銀山温泉があり、この温泉では大正ロマン
を味わうことができます。尾花沢牛や蕎麦に舌鼓を
打って、足湯を楽しみ、ゆったりと流れる時を楽しむ
のも良いですね。
  • コメント : -
  • TB: -

北海道、定山渓温泉は札幌の奥座敷

北海道、定山渓温泉は、札幌の奥座敷とも呼ばれ、
札幌にスキーに訪れる人にとっては、スキー+温泉
という組合せは、冬の格別の楽しみの一つとなって
います。

この定山渓温泉は、美泉常山が1866年に温泉
を見つけて定住したことにより、出来たと言われ
ています。

定山渓温泉の周辺には、八剣山や豊平峡ダム、
渓流と渓谷があり、まさに大自然の中の温泉と
言えるでしょう。

最近では色々なイベントも開かれ、多くの人で
賑わっています。まず、4月の中旬からは、
「渓流こいのぼり」が開催され、渓流の上を色とり
どりのこいのぼりが泳ぐ姿を見ることができます。

7月からは、定山渓温泉と新千歳空港の間をピス
トン運行するラッピングバスが走ります。ですから、
夏の定山渓温泉へのアクセスはとても良くなります。

2008年の7月20日には、定山渓北海道森林
スポーツフェスタが開催され、森林ウォークや森林
マラソン、マウンテンバイクツーリングなどが行われ、
お子さんからお年寄りまでが森林の中でスポーツを
楽しみました。

秋になりますと、定山渓温泉もみじ大茶会や神社の
お祭りが催されます。大自然の中のひっそりとした
温泉街は、イベントごとに賑わっています。

さて、日帰り温泉は、大人が500円から1500円
程度で各温泉宿にて利用できるようになっていて、
小さな温泉宿から大きなホテルまで、たくさんの種類
の宿屋が定山渓温泉にはありますが、どの宿にも
露天風呂があるのは嬉しいですね。

新千歳空港を利用する場合には、ちょっと足を伸ばして
定山渓温泉の露天風呂にゆっくり浸かってみては
いかがでしょうか。
  • コメント : -
  • TB: -

北海道、登別温泉はランキング人気No.1

北海道の温泉ランキング人気No.1は、やはり登別温泉
です。登別温泉は、新千歳空港やJR札幌駅などから
アクセスが良いことから、一年中観光客だけにとどま
らず地元の人達にも大変人気があります。

大手旅行会社の主催する北海道ツアーでは、三?四日間
で北海道をめぐりをするコースがありますが、そんな
コースにも必ず入ってくるのが、登別温泉でしょう。
旅の疲れを癒すということから、最終日に登別温泉で
ゆっくり宿泊するという企画が人気があるようです。

登別温泉では、更年期障害、糖尿病や冷え性、神経症、
運動器障害、発育不全などの効能がある泉質が11種類
以上湧き出ています。

登別温泉でのお勧めの温泉宿は、登別石水亭や
第一滝本本館です。

登別石水亭には、登別の大自然を温泉に浸かりながら
満喫することができる空中大浴場と呼ばれる浴場があ
ります。

また、第一滝本本館には温泉天国があって、7つの泉質
を楽しめますし、湯踊ダンス会が開催され、楽しいひと
時を過ごすことが出来るでしょう。さらに季節ごとの
おすすめの食事プランや宿泊プランも充実しています。

こうした登別の温泉宿は、食事つきの日帰り入浴の
プランもあるので、ゆっくりと贅沢な一日を過ごす
ことができるでしょう。また、近くには有名な熊牧場
もあり、ご家族・ファミリーで楽しむことができます。

秋から冬の登別は、湯煙が上がり、雪景色の中、
温かい温泉でリフレッシュするのに適していますが、
桜が咲く春頃もおすすめです。

一年を通して、北海道を旅行するならぜひ、登別温泉
に立ち寄りたいものですね。
  • コメント : -
  • TB: -

Appendix

Recent Comments

Recent Trackbacks

Profile

dayget

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。